サクランボ

未分類 サクランボ はコメントを受け付けていません。

s-img_0358.jpgs-img_0361.jpg

9日の日曜日に妙高笹ヶ峰に行く。いい天気。木の苗を買い、苗名滝で滝まで行かないでソフトクリームを食べ、車で牧場へ、ブナとかトチとか大木があり、いいところ。今度ゆっくり行きたい。

我が家のサクランボ(ナポレオンと思っていたが高砂?)雨が少ないせいか、爽やかに甘い。下を通る度にパクリ、赤いのを見つけてパクリ。美味い。

今日は恵みの雨

未分類 今日は恵みの雨 はコメントを受け付けていません。

空梅雨。だったのですが、今日は恵みの雨で有りがたい。遅ればせながら、陸羽132号の田植え。育苗に炭入りの軽い育苗土を使ったせいか、根張り良くバッチリと浮き苗なく、田植えを終える。最近、忙しく毎日、朝から頑張っています。平面の板から、立体的な椅子とかテーブルになるのは、楽しいものです。夕方5時過ぎに母屋に戻るわけですが、BSフジで「北の国から」をやっている。もう30年以上前に放映されたもので懐かしい。竹下景子さんも若く、宮本信子もこんな時代があったんだと驚く。風力発電・ログハウス・田舎暮らし(富良野)誰もが憧れた。我が細君も4回富良野に行っている。日本が絶好調の時代、歪みを批判している部分がある。あの文明批判、カウンター文化はなんだったのかと思う。豊かな上での悩みの様なものだったのか?決して新しい文化だったのだろうか。当たり前の土着的な変わることのないストイックな自給自足的な考えと思う。今から思えば「安心」の時代だったのだろう。人間の肉体は極めて原始的で変わらない。肉体が喜ぶ事が「安心」になると思う。